2月1日、マスター逝く(享年70歳)

master
『興味しんしん』と題したこのブログは、2003年9月1日にスタートいたしました。 その最初の記事は「富弘美術館は、国内では有名な美術館のひとつに数えられるだろうが、開館12年を経った現在、2005年春オープンをめざ新富弘美術館建設準備で東村はおおわらわである」と始まりました。

以来、2017年1月2日の「近影です」という記事がアップされるまで、実に13年と4か月、さすがに最後の2か月は更新が途絶えがちでしたが、昨年の10月までは、ほぼ毎日、休むことなく書き続けられ、その回数は4750回余、字数にすると、ざっと189万文字にもなります。そのすべてが、興味しんしんの人・山岸正雄の生きた証です。
しかし、このブログは、二度と更新されることはなくなりました。

亡くなる数日前、昔からの友人である斎藤さんが見舞いに行くと、マスターは「なにか言い残すことはないかい?」と聞いたそうです。斎藤さんは「それは逆でしょ。でも、ありがとう、楽しかったよ、マスター! 百点満点の人生だよね」と返すと、目をつぶったまま満足そうだったとか。

体はもうボロボロでしたが、泣き言ひとつ言わず、こうして豊かな人生を完結いたしました。
合掌

マスターになりかわり:荒井秀雄

マスターが13年以上このブログを続けられたのも親しく交流していただいた皆さんとの楽しい年月あったからこそだと強く感じています。
まだこのあと1年ほどの期間は自由に閲覧していただけますので、気が向きましたら思い出などを紐解きながらページをスクロールしてくださると嬉しいです。

マスターと交流してくださった大勢の皆さん、心より感謝申し上げます。

山岸松江